書籍 - タピオ・ヴィルカラ
  (Item no: 29526)

5,000円(税込5,500円)

購入数

フィンランドデザインの巨匠タピオ・ヴィルカラ
そのエッセンスがすべてこの一冊に

『タピオ・ヴィルカラ』は、フィンランドのデザイン界を牽引したデザイナーであるタピオ・ヴィルカラ(1915-1985)が自ら監修した『TAPIO WIRKKALA』を復刻したものです。1981年にロシアで行われた自身の回顧展のためにフィンランド工芸デザイン協会から出版されました。

なぜ、40年前の本を復刻するのか。
それは、ヴィルカラ自身が監修に関わり、生前最期に出版を認めた本だからです。

グラフィックデザインから、ガラス、あらゆる分野の工業デザイン、彫刻、ランドアートまで多彩な領域で膨大な仕事を残しながら、ヴィルカラはみずからの思考や手法についてほとんど語ることはありませんでした。

本書では、ヴィルカラによる創造の宇宙を28のテーマに分け、写真やスケッチなど400点以上ものビジュアルを通して、そのデザインの源流をたどり、精神性に触れることができます。


北欧デザインの巨匠タピオ・ヴィルカラを日本語で紹介する初めての本。
日本語翻訳および、ユハニ・パッラスマー(原書のデザイン・編集を担当/建築家、ヴィルカラの親友)や島崎信名誉教授(武蔵野美術大学)らのロングインタビューも収録。
<出版社よりコメント抜粋>


『タピオ・ヴィルカラ』
A4版変形、原書複製210ページ+日本語オリジナルページ、ケース入り
サイズ : ヨコ 22.6センチ / タテ 26.5センチ / 厚み 1.8センチ
限定1,000部
ISBN: 978-4-908356-28-5
企画・構成:いまむられいこ
翻訳・編集:山口敦子(岐阜県現代陶芸美術館 学芸員)
デザイン:前田 景
印刷・製本:藤原印刷株式会社
発行者:草刈大介
発行:ブルーシープ


◎タピオ・ヴィルカラ プロフィール
1915年フィンランド南部の港町ハンコに生まれ、ヘルシンキで育つ。美術工芸中央学校で彫刻を学び、46年にイッタラ社のガラスデザインコンペで優勝、以後デザインを提供する。50年代はじめミラノ・トリエンナーレにおけるフィンランド会場の展示デザインを手がけ、自らの作品と共にグランプリを受賞。1950年代後半はレイモンド・ローウィ事務所、アールストローム社のデザインオフィスA-studioを経て、1966年にデザイン事務所を設立。フィンエアー社やローゼンタール社など多数の企業にデザインを提供し、世界各国から招かれて個展を開催。プロダクトだけではなく彫刻やグラフィック、建築デザインまで精力的に手がけた。ラップランドにサマーハウスを所有し、そこでのインスピレーションが作品に大きな影響を与えた。1985年没。妻は、セラミック・アーティストのルート・ブリュック(1916 - 1999)。


15,000円以上のご注文で送料サービス!
送料サービスの場合、弊店にて配送会社を佐川急便に決めさせていただきます
ヤマト運輸&佐川急便 - OK
クリックポスト - OK(こちらの書籍1点のみ)

クリックポストはA4サイズの封筒(厚さ3センチまで)での発送となります。商品をA4サイズ封筒に入れるだけの簡易包装になります。配達日時および曜日の指定はできません。 配達日数は、概ね差出日の翌日から翌々日にお届けします。 お届け先の郵便受箱へ配達します。郵便受箱に入らない場合は、不在配達通知書を差し入れた上で、配達を行う郵便局へ持ち戻ります。紛失または破損した場合は、一切の保障がありません。 当店ではご利用の際の配送事故に関する苦情は承れません。受領の確認をご希望される方、補償を希望される方は、佐川急便・ヤマト運輸での配送をご選択ください。